ひどい事件が起きることもありますが、ほとんどの電車はこんなやさしい感じ

電車が好きです。
別に撮り鉄とか乗り鉄とか、そういうのではなくて。
人間模様が好きです。
今は、大体の人が一生懸命にスマホをいじっていていたり、居眠りしたり。
ガタンゴトンという音とアナウンスしか聞こえません。
それでも、結構いろんなことがあります。
今日乗っただけでもいろいろありました。
ゴトンと鈍い音がして、ペットボトルが落ちてゴロゴロと転がりました。
向かい合わせの席の反対側へ。
ちょっと居眠りしていたのかもしれません。
真っ直ぐに転がっていきました。
向かいの席に座っていた人が、野球で打球を取るようにスッと取って、落としてしまった方へ渡します。
あまりにスムーズで隣の人は寝たままです。
落としてしまった方は、恥ずかしそうにペコリと頭を下げていました。
やっと立てるようになったお子さんがお母さんと乗って来ました。
席は埋まっています。
お母さんが困るよりも前に、サラリーマンっぽい方がどうぞと話しかけました。
二駅なんで、とお母さん。
もう立ってしまったサラリーマンは、座ることもできず、うちも同じくらいの子がいるんで、と席を空けていました。
ところが座らないお子さん。
揺れる電車がおもしろいのか、お母さんが座らせようとするとゴネはじめます。
あるあるだなぁ、と。
結局、お母さんが空けてくれた席に座り、前のめりでお子さんを支える苦しい格好に。
優しさがあっても、子どもに振り回されちゃう大人たち。
車イスの方が乗ってきました。
簡易型スロープを持った駅員さんと一緒に。
気がついた4人組の大学生っぽい方たちが「ここ」とだけ言って、電車のちょっと広いスペースを空けました。
駅員さんと車イスの方が「ありがとう」と。
ひどい事件が起きることもありますが、ほとんどの電車はこんなやさしい感じなんじゃないかと思っています。

関連記事一覧